DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
60 大学院地域社会研究科 >
60b 弘前大学大学院地域社会研究科年報 >
13号 >

このアイテムは、前月 6 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6294

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
RegionalStudies_13_39.pdf569.69 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 自閉症児のトイレでの排尿行動の形成における行動コンサルテーションの効果
その他のタイトル: The Effects of Behavioral Consultation Leading toToilet Usage In Autistic Children
著者: 奈良, 理央
小沼, 順子
長尾, かおる
著者所属: 弘前大学大学院地域社会研究科地域政策研究講座
青森県立弘前第一養護学校
社会福祉法人和晃会 八晃園
発行日: 21-Mar-2017
出版者: 弘前大学大学院地域社会研究科
誌名: 弘前大学大学院地域社会研究科年報
巻: 13
開始ページ: 39
終了ページ: 50
ISSN: 1349-8282
キーワード: 排尿行動
行動コンサルテーション
トークン・エコノミー法
生態学的アセスメント
toilet training
behavioral consultation
token economy system
ecological assessment
抄録: 研究の目的:自閉症児のトイレでの排尿行動の形成において、事業所指導員及び保護者へ実施した 間接援助技法としての行動コンサルテーションによる効果を検討した。研究計画:ベースラインデザ インと強化基準の変更デザインを用いた。場面:放課後等児童デイサービス事業所及び家庭で実施し た。対象者:1 名の自閉症児と、対象児が利用する児童デイサービス事業所職員を対象にした。介入: 対象児に対する直接的な行動観察と、事業所職員からの聞き取り調査による生態学的アセスメントに 基づいて、トークン・エコノミー法と段階的な強化基準の変更による支援を実施した。行動の指標: 事業所、家庭、学校での排尿回数を記録し、達成率として測定した。結果:3 回の介入期間を経た後、 達成率が100%を維持した。結論:トークン・エコノミー法を用いた行動コンサルテーションによる 支援では、対象児の生態学的アセスメントが重要であり、特に強化子の種類や与えるタイミングが大 きく関係することが示された。また、家庭、学校での支援が重要であり、情報の共有のみならず支援方法の共有も重要であることが示唆された。 Study objective: To toilet train and foster habit formation of toilet usage in children with autism, the lead author examined the effects of behavioral consultation, carried out with an instructor as well as a guardian of the child, as indirect support. Design: A baseline design and a changed reinforcement design were used. Setting: The child care service, home, and school. Participants: An autistic child and the facility staff who interacted with the target child. Intervention: Support was carried out according to a token economy system and changes in level-based reinforcement criteria, based on an ecological assessment involving direct behavioral observation of the target child and a hearing investigation from the staff. Measurement : The number of times the child successfully used the toilet in the facility, home, and school was recorded and measured. Result : After three periods of interventions, a 100% success rate was achieved and maintained. Conclusion: Support provided via behavioral consultation using the token economy system showed that the ecological assessment of the target child was important, particularly in regards to the type of reinforcer and the timing with which it was given. In addition, providing support at school and home were important, suggesting that both the sharing of information and joint provision of support in both places was important.
URI: http://hdl.handle.net/10129/6294
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:13号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください