DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 10 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6289

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_189.pdf626.53 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 弘前大学教育学部におけるフレンドシップ事業の概要と意義 ―不登校支援活動を事例として―
その他のタイトル: A Summary and Significance of the Friendship Project in Faculty of Education Hirosaki University Case Study of the Support for non-attendance at school
著者: 吉崎, 聡子
豊嶋, 秋彦
著者所属: 教育学部附属教員養成学研究開発センター
弘前大学名誉教授
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 189
終了ページ: 196
ISSN: 0439-1713
抄録:  本稿は,平成10年度より平成27年度まで実施された弘前大学教育学部フレンドシップ事業を概括し,その意義を 検討するものである。特にフレンドシップ事業開始期より実施されてきた,弘前市学校適応指導教室( 現称弘前市 フレンドシップルーム) における,大学生による不登校生支援活動に注目する。18年にわたる活動を大学側人員面 や実施面から4期に分類を試み,その各期について実施内容をまとめた。さらに,最終年度となった平成27年度の 不登校生支援活動を対象とし,活動内での学生の気づきや子ども理解に焦点をあて,計量テキスト分析による検討 を試みた。その結果,フレンドシップ事業の持つ意義であった,大学生の子ども理解の促進は最終年度まで確認された。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6289
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください