DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 14 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6288

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_179.pdf976.71 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 草分京子さんから学ぶ教師の役割
その他のタイトル: The Role of Teachers : Learn from Kusawake Kyoko's Teaching Practice
著者: 中妻 , 雅彦
著者所属: 弘前大学大学院教育学研究科
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 179
終了ページ: 187
ISSN: 0439-1713
キーワード: Teacher
Coach
Facilitator
Organizer
教師
抄録:  教師は、自らが目標とする教育観と学習スタイルによって、独自のスタイルを形成している。それぞれの教師に 必要な姿を「Teacher」「Coach」「Facilitator」「Organizer」の4つの観点によって説明することができるとされてい るⅰ。三重県のベテラン教師である草分京子は、子どもと協同で学習を創り、様々な困難を抱えている子ども達が 学習に意欲的に取り組む教育実践を進めている。また、子ども達が作成した様々な学習成果物を表しており、草分 実践の評価は高いⅱ。筆者は、学生や若手教員のモデルとなる経験の豊かな教師として草分京子に注目し、数年間、 授業観察と交流を行ってきた。草分学級の実践観察に参加する学生は、その実践の確かさに感銘を受け、教職に生 かそうと努力しており、草分から学ぶことは多いⅲ。現代の複雑な子どもを取り巻く環境の困難を教育によって克服しようとする教師の姿を草分京子の実践から学ぶことができる。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6288
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください