DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 11 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6287

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_169.pdf621.51 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 韓国の大学生が捉える高校生期における「保健教師との関わり」
その他のタイトル: A Research about Concerning of Health teacher on high school students in University Students in Korea
著者: 釜田, 明奈
小林, 央美
著者所属: ホーチミン日本人学校
弘前大学大学院教育学研究科教職実践専攻
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 169
終了ページ: 177
ISSN: 0439-1713
キーワード: 韓国
保健教師
保健室
抄録:  本研究は,韓国の大学生を対象に,高校生期における保健教師の対応や保健教師に期待する役割などについて調 査を行った。結果,高校生期における保健室利用者は約80%で,来室理由は「けがの治療を受けるため」が最も多 かった。保健室利用後の満足度は約9割が満足していた。韓国の大学生は高校生期の保健室を「処置空間」,保健 教師を医療・健康の専門家としてとらえていた。しかし,保健室や保健教師に対して救急処置機能のみならず,相 談的機能や健康教育的機能を求めていた。また,生徒への対応のあり方については,公平性を持ちながら,受容と 共感の態度で接することを求めていた。そのような保健教師の存在が保健室利用につながり,健康・医療の専門家 としてだけではなく,保健室利用後の満足度を高めた。韓国の保健教師と日本の養護教諭の資格及び法に定められ た職務に違いはあるが,日韓の子どもたちが保健教師と養護教諭及び保健室に求めていることには共通点が多くあることが推察された。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6287
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください