DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 10 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6285

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_149.pdf622.27 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 小学校道徳教育における道徳性発達の理論と教授法に関する試案
その他のタイトル: A Draft Proposal about Moral Education Method in Elementary School : Focusing on Theory of Moral Development
著者: 森本, 洋介
著者所属: 弘前大学教育学部学校教育講座
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 149
終了ページ: 158
ISSN: 0439-1713
キーワード: 道徳性の発達段階
ピアジェ
コールバーグ
直接指導法と埋め込み型指導法
抄録:  本稿の目的は,道徳性の発達段階の理論を下地として,小学校道徳教育における学年(年齢)に応じた教育方法 の変化を試案することにある。特に小学校の道徳教育においては,6年間の間に大きく認知的な発達が変化してい くにもかかわらず,道徳教育においては年齢の違いをほとんど考慮せず,その学年で扱われる教材(説話)の扱い 方が論じられる傾向にある。結果として,小学校低学年において学習指導要領が謳うような「道徳」学習指導要領 における「考える道徳」,「議論する道徳」,「問題解決的な学習」といった道徳教育はあまり意味がない。一方で小 学校高学年から中学校にかけては「考える道徳」,「議論する道徳」,「問題解決的な学習」といった教育方法が大き な意味を持つ。よって,小学校中学年の段階から徐々に指導方法を移行させることが道徳教育において必要だということを主張する。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6285
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください