DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 9 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6283

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_133.pdf765.33 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 養護教諭養成課程に在籍する女子大学生の食事と水分摂取に関する研究
その他のタイトル: Diet and Water Absorption of Female College Students Enrolled in School Nurse Teacher Training Divisions
著者: 尾崎, 瑛美
葛西, 敦子
著者所属: 群馬県立西邑楽高等学校
弘前大学教育学部教育保健講座
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 133
終了ページ: 140
ISSN: 0439-1713
キーワード: 養護教諭養成課程
女子大学生
食事量
水分摂取量
抄録:  養護教諭養成課程に在籍する女子大学生が学生自身の食事と水分摂取の実態を知り,改善点に気付くことで,保 健指導に役立ててもらうために,72名を対象に質問紙調査と1日分の食事調査を実施した。①本調査と食事摂取基 準を比較した結果,エネルギー,カルシウム,鉄分(月経あり),ビタミンD が有意に低値であった。②平均体重 とBMI が国民健康・栄養調査と比べ有意に低値であった。③飲み物から水分を摂取していない者が4名見られた。 ④朝食を欠食していた者は20.9%であった。  本研究では,多くの女子大学生は栄養素や水分が不足していた。感想では,自分の実態を知ったことで食事に興 味を持ち,改善点を考えていた。将来養護教諭を目指す学生が,自分の生活を振り返り,各自の現状に合わせた食 事や水分摂取の改善策を考え実践することで子どもの手本となる姿へとつながる。食事改善を実践した自身の経験が,児童生徒に対する保健指導に役立つことが期待される。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6283
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください