DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 10 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6280

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_109.pdf729.13 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 積雪地の学校屋内環境におけるチューリップ水耕促成栽培の教材としての可能性
その他のタイトル: Possibility of Teaching Materials using Hydroponically Forced Tulip into the Indoor Environment of School in Snowy Area
著者: 勝川, 健三
高谷, 治男
著者所属: 弘前大学教育学部学校教育講座
弘前大学教育学部附属中学校
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 109
終了ページ: 114
ISSN: 0439-1713
キーワード: チューリップ水耕促成栽培
学校屋内環境
積雪地
抄録:  冬季,積雪のため屋外で栽培学習ができない地域を想定して,チューリップ水耕促成栽培が教材として導入でき ないか検討した。冷蔵処理済みの‘キャンディープリンス’,‘ルビープリンス’,‘サニープリンス’のりん茎を入 手,普通教室をシミュレートした環境下で水耕促成栽培を行ったところ,12 月の終わりから2 月にかけて開花さ せることができた。また生徒および教諭に実施したアンケート結果は,チューリップ水耕促成栽培が学校屋内の景 観形成に寄与する可能性を示唆した。その評価には性差に加えて学級間差異も認められたことから,担任教諭の生徒への働きかけや生徒自らの取り組みといったソフト面が評価に影響を及ぼすことも示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6280
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください