DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 12 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6276

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_55.pdf921.98 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: H. リーマン「軽重法:楽節構造論」試訳(2)
その他のタイトル: H. Riemann, ,,Metrik. Lehre vom musikalischen Satzbau“ aus System der musikalischen Rhythmik und Metrik( 1903): Versuch einer japanischen Übersetzung(2)
著者: 朝山, 奈津子
著者所属: 弘前大学教育学部音楽教育講座
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 55
終了ページ: 66
ISSN: 0439-1713
キーワード: 楽曲分析
フレージング理論
フーゴ・リーマン
Hugo Riemann
抄録:  H. リーマンの音楽理論の中で、特にフレージング論を総括した『音楽の長短法と軽重法の体系System der musikalischen Rhythmik und Metrik』(1903)の「第2部 軽重法:楽節構造論」の全訳。第117号掲載の(1)を承けて本稿では、第4章第22節- 第5章第26節を取り扱う。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6276
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください