DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 9 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6272

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_47.pdf658.15 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 韓国における中学校科学教育の特色 ―現行カリキュラムおよび授業の分析をとおして―
その他のタイトル: Characteristics of Lower Secondary School Science Education in South Korea By Analysis of Present Curriculum and Class Activities
著者: 佐藤, 崇之
著者所属: 弘前大学教育学部理科教育講座
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 47
終了ページ: 53
ISSN: 0439-1713
キーワード: 韓国
科学教育
中学校
カリキュラム
授業
抄録:  韓国の中学校科学について,現行カリキュラムおよび教科書の分析を行った。さらに,中学校科学の授業がどの ように展開されているのかについて,実際に授業観察を行うことによって確認した。以上の分析結果や授業記録を もとにして,韓国の現行の科学カリキュラムおよび授業について考察を加えるものとした。  カリキュラムや教科書の分析から,生徒が生活の中の科学技術を意識しながら,総合的に科学をとらえるように なる工夫があることがわかった。また,教科書や授業の分析から,授業の中での生徒の活動は日本よりも多く行わ れていること,それをとおして原理や概念を深く(あるいは広く)生徒に認識させていることなどがわかった。  45分の授業の中で複数の活動があり,教師は生徒の意見を導き出すための授業力が高くなければならないと感じ た。また,多様な補助教具の利用に関する能力や,生徒の意見をまとめて正解に導く能力が必要であると感じられた。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6272
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください