DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 9 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6271

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_41.pdf1.03 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 土壌カビの簡便な増殖・観察法
その他のタイトル: Simple Methods for Growth and Observation of Soil Filamentous Fungi
著者: 岩井, 草介
著者所属: 弘前大学教育学部理科教育講座
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 41
終了ページ: 45
ISSN: 0439-1713
キーワード: 土壌微生物
菌類
カビ(糸状菌)
分解者
教材
抄録:  土壌には多くのカビ(糸状菌)が生息し、分解者として土壌生態系の食物連鎖や物質循環に大きな役割を果たし ている。土壌中のカビを教材として活用するために、本研究では土壌カビの簡単な増殖・観察法を検討した。その 結果、土の上に輪切りのバナナを置くだけで土壌中のカビを容易に採集・増殖できることを見出した。さらに、バ ナナを基質としてスライドガラス上で土壌カビを培養することによって、カビの胞子嚢などを簡単に顕微鏡で観察 できた。増殖した土壌カビについて、デンプン寒天培地を用いることによってデンプン分解(アミラーゼ)活性を検出できることも示した。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6271
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください