DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 10 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6269

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_19.pdf660.81 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 中等社会科教育と社会調査 ―歴史・視座・実践―
その他のタイトル: How Social Research contribute to Secondary Social Studies Education ―Focusing on History,Concepts and Practice―
著者: 髙瀬, 雅弘
著者所属: 弘前大学教育学部社会科教育講座
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 19
終了ページ: 30
ISSN: 0439-1713
キーワード: 社会科教育
社会調査
教員養成
学習指導要領
社会調査教育
抄録:  本稿は、中等教育段階の社会科教育と社会調査の関連を、①歴史:社会科教育のあり方が模索された1940年代後 半から50年代の展開、②視座:学習指導要領の記述と社会調査のテキストにおける定義の検討、③実践:社会調査 教育を通じた社会科教員養成への指向性、という視点から考察したものである。①歴史的展開の検討から示唆され るのは、学習指導要領体制が整備されるなかで模索された、地域課題探求のための社会調査のあり方が、現代にお いてあらためて問い直される必要性である。②社会調査の視座の検討からは、方法論に重点が置かれがちな社会調 査を、「問題意識」から捉え返し、「総合性」という観点からの社会科教育への貢献、という方向性が示される。③ 大学での実践の検討からは、社会調査を単なる情報収集の手段としてではなく、問題意識から報告書作成までの トータルな過程として位置づけることで、発問や内容構成に関する能力の育成に寄与する可能性が提起される。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6269
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください