DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
118号 >

このアイテムは、前月 9 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6267

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_118_1.pdf785.94 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 長岡市立中央図書館文書資料室所蔵の往来物 ―横山家文書からの報告―
その他のタイトル: Investigation report on "OURAIMONO" documents of Nagaoka City Library possession:A study of documents transmitted to the YOKOYAMA Family
著者: 郡, 千寿子
著者所属: 弘前大学教育学部国語教育講座
発行日: 13-Oct-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 118
開始ページ: 1
終了ページ: 8
ISSN: 0439-1713
キーワード: 新潟
長岡
往来物
言語生活
横山家文書
抄録:  新潟県の長岡市は戦時中の空襲火災により、長岡駅近くの中心市街地とその周辺は、全滅に近い被害を受けたた め、古い文献資料は残存していないと推測されたが、今回の調査で資料保存の一端を明らかにすることができた。 本稿では、長岡市立中央図書館文書資料室所蔵の「横山家文書」の中から、近世期版本の往来物資料に該当すると 判断した10本について、書誌含め概要を画像とともに紹介した。  調査の結果、目的別の分類では、消息科往来が3本、教訓科往来が1本、産業科往来が2本、理数科往来が2 本、歴史科往来が1本、女子用往来が1本という結果であった。出版地域別の分類では、江戸が7本で最も多く、 京都は1本、不明が2本という結果であった。  往来物資料の所在調査を通して、地域の教育的背景の格差や文化伝播状況などの解明を目的としているが、他地域の状況と比較する上で基盤となりうる調査の一報といえるだろう。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6267
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:118号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください