DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
117号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6256

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_117_1_21.pdf633.33 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 明治期弘前における地域リーダーとしての士族の活躍 ―自由民権運動をめぐる状況を中心に―
その他のタイトル: Activities of the Samurai Class as the Regional Leaders in Hirosaki during the Meiji Period : Focusing on Freedom and People's Right Movement
著者: 三上, 由希野
篠塚, 明彦
著者所属: 青森県立三沢高等学校
弘前大学教育学部社会科教育講座
発行日: 28-Mar-2017
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 117
開始ページ: 21
終了ページ: 29
ISSN: 0439-1713
キーワード: 近代化
地域リーダー
自由民権運動
士族
菊池九郎
抄録:  明治政府は、日本を近代国家とするために、様々な政策に着手し、弘前でもまたこの流れに遅れをとるまいと、 近代社会実現にむけた活動が活発に行われていた。しかし、それは明治政府の近代化とは一線を画すところもあっ た。こうした弘前の近代化の過程にあっては、旧弘前藩出身の士族層が地域リーダーとして活躍していた。弘前周 辺でも、江戸時代の後半以降、豪農や豪商の成長もみられていた。だが、明治に入っても士族層が大きく没落する ことのなかった弘前においては、そうした豪農層や豪商層の成長にも関わらず、相変わらず士族層がリーダーと して地域を支える役割を担っていたのである。これは、全国的な状況、例えば自由民権運動において「士族民権か ら豪農民権へ」という地域リーダー層が交替する姿とは些か異なる状況にあった。本稿では弘前における地域リーダーとして活躍し続けた士族の姿を明らかにし、日本における近代化の様相の個別性を再考する。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6256
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:117号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください