DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
116号第2分冊 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6249

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_116_2_67.pdf455.48 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 大学生における自我同一性地位と進路成熟態度の関連
その他のタイトル: The Relations between Identity Status and Career Maturity of University Students
著者: 吉中, 淳
著者所属: 弘前大学教育学部学校教育講座
発行日: 14-Oct-2016
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 116
号: 2
開始ページ: 67
終了ページ: 75
ISSN: 0439-1713
キーワード: 大学生
自我同一性地位
進路成熟態度
早期完了
D-M 中間
抄録:  本研究の目的は、自我同一性地位の判定に広く使われる加藤(1983)の尺度の問題点を坂柳・竹内(1986)によ る進路成熟態度尺度から検討することにある。国立大学の大学生151名に質問紙を配布して検討した。結果は以下 の通り。①加藤の尺度は同一性達成と同一性拡散の分類について概ね妥当であった。②早期完了は実際にはD-M 中間地位に分類されていた。③ D-M 中間地位は複数の性質の異なる群の混合であった。④ D-M 中間地位の中に進路への関心は高いが自律度・計画度が低いという特色あるグループが見出された。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6249
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:116号第2分冊

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください