DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
115号第1分冊 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6200

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_115_1_105.pdf656.37 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 大学生の視力に対する意識と保健指導に関する研究 ― う歯との比較 ― 
その他のタイトル: Comparative Study about Attitudes and Health Education related to Visual Acuity versus Carious Tooth in University Students
著者: 髙橋, つかさ
葛西, 敦子
田中, 完
著者所属: 弘前大学大学院教育学研究科
弘前大学教育学部教育保健講座
弘前大学教育学部教育保健講座
発行日: 6-Nov-2017
誌名: 弘前大学教育学部紀要
巻: 115
号: 1
開始ページ: 105
終了ページ: 112
ISSN: 0739-1713
キーワード: 大学生
視力
う歯
健康指導
抄録: 視力低下とう歯は,子どもの健康問題であり,学校においては保健指導等の予防対策を行うことが求められてい る。そこで,本研究では,大学生が過去に受けてきた視力に関する保健指導とう歯に関する保健指導について比較 し,検討することを目的として質問紙調査を行った。  その結果,学校において視力に関する保健指導が「あった」と回答した者は303名中52名(17.2%)で,う歯に 関する保健指導が「あった」と回答した者の148名(48.8%)と比べて有意に少なかった。さらに,学校での保健 指導について「あったかどうか覚えていない」,「なかった」と回答した者が,視力については251名(82.8%)も おり,8割を超えていた。  本研究より,学校での視力に関する保健指導が十分に行われていないことが明らかとなった。学校現場には,視力低下予防のために視力に関する保健指導を継続して取り組むことが求められる。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6200
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:115号第1分冊

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください