DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
30 医学部・医学研究科・保健学研究科 >
30b 弘前医学 = Hirosaki Medical Journal >
68巻1号 >

このアイテムは、前月 12 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6143

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
HirosakiMedJ_68(1)_1.pdf729.2 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: アンジオテンシン変換酵素阻害剤:新たな展開
その他のタイトル: A New Insight of Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitors
著者: 早狩, 誠
清水, 武史
中川, 潤一
兵藤, 塁
上野, 桂代
下山, 律子
著者所属: 弘前大学大学院医学研究科薬剤学講座
弘前大学大学院医学研究科ゲノム生化学講座
弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部
発行日: 5-Oct-2017
出版者: 弘前大学大学院医学研究科・弘前医学会
誌名: 弘前医学
巻: 68
号: 1
開始ページ: 1
終了ページ: 13
ISSN: 0439-1721
キーワード: ACE阻害剤
降圧機序
記憶保持増強
インスリン分解抑制
抄録: 本稿では,angiotensin-converting enzyme(ACE)阻害剤の新たな機能, 1 )脂肪組織から血清中へのAGT 分泌抑 制, 2 )記憶保持, 3 )insulin 分解酵素の阻害について論じた。  Angiotensinogen(AGT)に関する我々の成果では,脂肪組織に複数の分子サイズAGT の存在を示したが,血液中に は高度にグリコシル化されたAGTが分泌していた。Captoprilおよびolmesartanは,ラットの血清中AGT レベルを低下 させた。  次に,angiotensin Ⅳ(Ang Ⅳ)受容体(AT4)であり,記憶保持に深く関与するAT4/insulin regulated aminopeptidase (IRAP)は,記憶保持に関連する脳の海馬で発現し, 記憶保持に関連するペプチド物質の代謝に係っている可能性が想定 された。筆者らは、中枢移行性ACE 阻害剤captopril が記憶保持を改善することをMorris 水迷路法により実証した。ラッ ト脳抽出物のペプチドプロファイリングでは,captopril 投与群に特異的に発現するシグナルを認めた。  ACE 阻害薬とinsulin を併用している患者では,低血糖を生じることが報告されていたが,この機序はキレート作用 を有するACE 阻害剤がinsulin-degrating enzyme(IDE)活性を阻害することが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6143
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:68巻1号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください