DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
30 医学部・医学研究科・保健学研究科 >
30e-2 博士論文(大学院保健学研究科) >
平成28年度 >

このアイテムは、前月 26 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6122

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tdh_068_tsutsui.pdf本文913.8 kBAdobe PDF
見る/開く
tdh_068_tsutsui_a1.pdf論文要旨273.8 kBAdobe PDF
見る/開く
tdh_068_tsutsui_a2.pdf審査要旨76.85 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: Genetic analyses of the fusion protein genes in human parainfluenza virus types 1 and 3 among patients with acute respiratory infections in Eastern Japan from 2011 to 2015
その他のタイトル: 2011年から2015年の東日本における急性呼吸器感染症患者のヒトパラインフルエンザウイルス1型および3型の融合タンパク質遺伝子の遺伝学解析
著者: 筒井, 理華
著者所属: 弘前大学大学院保健学研究科
発行日: 23-Mar-2017
抄録: 2011年から2015年にかけて、東日本における急性呼吸器感染症(ARI)患者から検出されたヒトパラインフルエンザウイルス1型(HPIV1,1668nt)および3型(HPIV3,1620nt)の融合タンパク質遺伝子(F遺伝子)の全長を解析した。最尤法を用いて系統樹を構築し、遺伝的距離(p-distance)およびpositive selection site および negative selection sites を解析した。プロトタイプ株におけるタンパク質の線状エピトープも予測した。さらに、本株のタンパク質のアミノ酸置換をマッピングした。HPIV1は2つのクラスター、HPIV3は1つのクラスターに分類された。 HPIV1およびHPIV3 F遺伝子のp-距離値は<0.03であった。HPIV1 は2つのpositive selection sitesを、HPIV3は1つのpositive selection sitesを検出した。また、両方の株について、 10以上のnegative selection sitesを明らかにした。HPIV1のプロトタイプ株は4つのエピトープ、HPIV3のプロトタイプ株は5つのエピトープが予測された。HPIV3で予測されたエピトープはpositive selection site(aa108)に関与していた。さらに、LC76627株におけるアミノ酸置換(R73K)はHPIV3の1株のみで検出され(LC76627)、モノクローナル抗体による中和に対する耐性に影響を及ぼすことが考えられた。これらの結果は、調査期間中の東日本において、HPIV1およびHPIV3のF遺伝子が比較的よく保存されていることを示唆している。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6122
テキストバージョン: ETD
学位授与番号: 11101A068
学位授与年月日: 2017-03-23
学位名: 博士(保健学)
学位授与機関: 弘前大学
出現コレクション:平成28年度

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください