DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
78 教養教育開発実践センター >
78a 弘前大学教養教育開発実践ジャーナル >
1号(創刊号) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6117

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoyokyoiku_1_119.pdf582.54 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 英語Speaking の実践 -ICT を活用して学生のモニタリングスキルを高める-
その他のタイトル: Practice in English Speaking Class: Improving Learners’ Monitoring Skills Using ICT
著者: 佐藤, 剛
著者所属: 弘前大学教育学部
発行日: 31-Mar-2017
出版者: 弘前大学 教育推進機構 教養教育開発実践センター
誌名: 弘前大学教養教育開発実践ジャーナル
巻: 1
開始ページ: 119
終了ページ: 130
ISSN: 2432-7417
キーワード: スピーキング指導
書き起こし
ICT
抄録: 本稿は、弘前大学教養教育英語必修科目Speaking中級(週一回、90分授業)において、学習者自身 によるスピーチの書き起こしと校正を通してパフォーマンスの正確さ(accuracy)の向上をねらったも のである。スピーチの流れを遮らず、話そうとする意欲を減退させないため、パフォーマンスの最中、 また直後の明示的な修正は行わず、スピーチの様子をウェブカメラで撮影、USBメモリーに保存し、 その書き起こしと校正を授業後の課題とすることで、英語の間違いに対するモニタリングスキルの向上 を図った。3 回の実践の結果、書き起こしと自己校正の活動は、スピーチそのものの間違いの減少につ ながった。また、教師のフィードバックによって、学生の意識が文法的な間違いだけでなく、スピーチ の構成や表現の明瞭さなどより広い観点で英語をチェックし校正する意識の芽生えにつなげることが可能であることが明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6117
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:1号(創刊号)

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください