DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
78 教養教育開発実践センター >
78a 弘前大学教養教育開発実践ジャーナル >
1号(創刊号) >

このアイテムは、前月 30 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6112

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoyokyoiku_1_65.pdf363.14 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 放射線専攻学生を対象とした放射線シミュレーションの教育的有効性の検討
その他のタイトル: Effects of Radiation Simulation for Undergraduate Students in the Department of Radiological
著者: 松谷, 秀哉
門前, 暁
細田, 正洋
柏倉, 幾郎
加藤, 博之
著者所属: 弘前大学大学院医学研究科総合診療医学
弘前大学大学院保健学研究科放射線生命科学分野
弘前大学大学院保健学研究科放射線生命科学分野
弘前大学大学院保健学研究科放射線生命科学分野
弘前大学大学院医学研究科総合診療医学
発行日: 31-Mar-2017
出版者: 弘前大学 教育推進機構 教養教育開発実践センター
誌名: 弘前大学教養教育開発実践ジャーナル
巻: 1
開始ページ: 65
終了ページ: 69
ISSN: 2432-7417
キーワード: シミュレーション
診療放射線
EGS
抄録: 医療系の各分野では、それぞれに習得すべき知識や技術についての専門性は高く、その量もかなり多 い。さらに、人の生命や人生などに影響を与える事からその習得レベルも高いものが要求される。その ため、模擬環境やシミュレータは知識や技術などの習得に大きな役割を担っている。 保健学科放射線専攻は主に診療放射線技師の養成を目的としており、医療における放射線に関連する さまざまな知識や技術を4 年間で講義や実習などで習得する。放射線自身は五感で感じないが生物に対 して大きな影響を及ぼす、といった特徴から放射線に対して具体的なイメージを持つことが難しい。そ のため、学習内容に対して、必要以上に難しく感じてしまう傾向がある。今回、3 年次科目「医用情報 学演習」において放射線シミュレーション(EGS5: Electron-Gamma Shower ver.5)を用いた授業をおこない、シミュレーション教育に対する有効性を検討した。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6112
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:1号(創刊号)

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください