DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
78 教養教育開発実践センター >
78a 弘前大学教養教育開発実践ジャーナル >
1号(創刊号) >

このアイテムは、前月 15 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6111

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoyokyoiku_1_53.pdf423.71 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 大正期高等教育機関における教養教育に関する考察 -弘前高等学校・秋田鉱山専門学校・盛岡高等農林学校の比較からー
その他のタイトル: A Comparative Study of Liberal Arts Education in Higher Educational Institutions in the Taisho Era : The Cases of Three Schools in North Tohoku Region
著者: 小暮, 克哉
石原, 朗子
前田, 剛
上野, 玲子
著者所属: 弘前大学教育推進機構アドミッションセンター
日本教育大学院大学学校教育研究科
学校法人国士舘
発行日: 31-Mar-2017
出版者: 弘前大学 教育推進機構 教養教育開発実践センター
誌名: 弘前大学教養教育開発実践ジャーナル
巻: 1
開始ページ: 53
終了ページ: 64
ISSN: 2432-7417
キーワード: 旧制高等学校
旧制高校
旧制専門学校
教養教育
カリキュラム
抄録: グローバル化や18 歳人口減少という厳しい環境におかれている日本の高等教育において、教養の在 り方に再び脚光が集まっている。本稿では、大正期までに北東北3 県にそれぞれ設置された官立学校で ある、旧制弘前高等学校、秋田鉱山専門学校、盛岡高等農林学校について、それぞれの学校においてど のような教育内容が教授されていたかを当時の資料を基に比較検討することで、当時の高等教育機関に おける教養教育の共通点と学校間の相違点を整理分析し、実態の解明を行った。 結果として、当時の高等教育機関では語学が重要視されていたこととともに、旧制高等学校以外にお いても、現在に比べるとかなり多くの割合が教養教育に割かれていることが確認された。このことか ら、旧制高等学校では教養教育を中心に、実業専門学校では専門教育を中心に教授が行われていたという単純な図式に収まらないことが分かった。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6111
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:1号(創刊号)

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください