DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
30 医学部・医学研究科・保健学研究科 >
30e-1 博士論文(大学院医学研究科) >
平成28年度後期 >

このアイテムは、前月 22 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6068

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tdm_1956_narita.pdf本文293.94 kBAdobe PDF
見る/開く
tdm_1956_narita_a1.pdf内容要旨166.81 kBAdobe PDF
見る/開く
tdm_1956_narita_a2.pdf審査要旨193.37 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: The impact of extended lymph node dissection versus neoadjuvant therapy with limited lymph node dissection on biochemical recurrence in high-risk prostate cancer patients treated with radical prostatectomy: a multi-institutional analysis
その他のタイトル: 高リスク前立腺癌に対する拡大リンパ節郭清術とネオアジュバント療法+限局郭清術が前立腺全摘除術後の生化学的再発に及ぼす影響:多施設共同試験
著者: 成田, 拓磨
著者所属: 弘前大学大学院医学研究科
発行日: 23-Mar-2017
DOI: 10.1007/s12032-016-0859-0
PubMed ID: 27889880
内容記述: 掲載誌 Medical oncology, 34, 1, 2017
URI: http://hdl.handle.net/10129/6068
テキストバージョン: publisher
学位授与番号: 11101A1956
学位授与年月日: 2017-03-23
学位名: 博士(医学)
学位授与機関: 弘前大学
出現コレクション:平成28年度後期

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください