DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
30 医学部・医学研究科・保健学研究科 >
30b 弘前医学 = Hirosaki Medical Journal >
67巻2-4号 >

このアイテムは、前月 50 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6014

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
HirosakiMedJ_67(2-4)_147.pdf514.56 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 新生仔マウス初代培養心筋細胞の単離培養法
著者: 韓, 沖
瀬谷, 和彦
小潟, 佳輝
野崎, 修平
米倉, 学
村上, 学
著者所属: 弘前大学大学院医学研究科 病態薬理学講座
弘前大学大学院医学研究科 病態薬理学講座
弘前大学大学院医学研究科 病態薬理学講座
弘前大学大学院医学研究科 病態薬理学講座
弘前大学大学院医学研究科 循環器腎臓内科学講座
弘前大学大学院医学研究科 病態薬理学講座
発行日: 27-Feb-2017
出版者: 弘前大学大学院医学研究科・弘前医学会
誌名: 弘前医学
巻: 67
号: 2-4
開始ページ: 147
終了ページ: 152
ISSN: 0439-1721
キーワード: 新生仔マウス
初代培養心筋細胞
野生型
CREB
NFAT
抄録: 新生仔マウス初代培養心筋細胞法は1960年代に確立された。しかし,多数の新生仔が必要であり,遺伝子改変動 物に応用するためには問題も多い。今回我々は,野生型57BL/6J 系マウス新生仔を用い,心筋保護剤であるブタンジオ ンモノオキシム存在下, 2 段階の酵素処理(トリプシン処理(約2 時間),コラゲナーゼ-ディスパーゼ処理(約1 時間))約 5 時間で単離し,初代培養できる手法を考案した。得られた初代培養心筋細胞は,培養開始後約12時間で拍動を開始し, 1 週間継続した。また,交感神経刺激薬を用いた生理学・薬理学的検討でも心筋細胞機能が従来法で得た細胞と変わら ないことを確認した。以上の結果は,本改良法が少数の個体しか得られない遺伝子改変マウス新生仔にも適用し得る事を示唆している。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6014
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:67巻2-4号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください