DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
30 医学部・医学研究科・保健学研究科 >
30b 弘前医学 = Hirosaki Medical Journal >
67巻2-4号 >

このアイテムは、前月 18 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6013

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
HirosakiMedJ_67(2-4)_136.pdf634.36 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: バイオシミラー製剤採用に向けたバイオ医薬品の安全性・有用性の評価
著者: 津山, 博匡
中川, 潤一
細井, 一広
照井, 一史
兵藤, 塁
上野, 桂代
早狩, 誠
著者所属: 弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部
弘前大学医学部附属病院薬剤部,弘前大学大学院医学研究科薬剤学講座
発行日: 27-Feb-2017
出版者: 弘前大学大学院医学研究科・弘前医学会
誌名: 弘前医学
巻: 67
号: 2-4
開始ページ: 136
終了ページ: 146
ISSN: 0439-1721
キーワード: Filgrastim
infliximab
中和抗体
エピトープマッピング
抄録: 本研究ではバイオ医薬品の純度について検討し,その安全性を評価することを目的とした。  糖鎖の付加がない単純タンパクである顆粒球コロニー刺激因子(granulocyte-colony stimulating factor, G-CSF)製剤 では,バイオシミラー( 2 社製)も含め純度について比較検討した.その結果,SDS-PAGE 法,HPLC 法,SELDI-TOF MS 法において,先行品およびバイオシミラーは高純度のG-CSF を含んでいることが明らかとなり,安全性は問題がな いことが明らかとなった。  また,バイオ医薬品の1 つであるキメラ型抗体製剤(infliximab)のエピトープマッピングを行い,投与患者に産生され る中和抗体に対する抗原部位を検索した.その結果,少なくとも3 箇所に抗原部位を認め,中和抗体のマルチタイプの検索が今後の薬物療法への重要な指標となることを明らかにした。
URI: http://hdl.handle.net/10129/6013
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:67巻2-4号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください