DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
10 人文学部・人文社会科学研究科 >
10b-17 人文社会科学論叢 >
2号 >

このアイテムは、前月 15 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/6004

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JinbunShakaikagakuRonso2_133.pdf206.47 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: The Relationship between Information and Communication Technology and CEO’s Span of Control : Evidence from Japanese Firms
著者: Kuwahata, Hiroyuki
著者所属: 弘前大学人文社会科学部
発行日: 28-Feb-2017
出版者: 弘前大学人文社会科学部
誌名: 人文社会科学論叢
巻: 2
開始ページ: 133
終了ページ: 142
ISSN: 2432-3519
キーワード: Span of control
ICT
Communication cost
Learning cost
Japanese firms
抄録: This paper examines the effect of information and communication technology (ICT) on the number of employees who directly reports to the CEO (CEO’s span of control). We exploit an original dataset of Japanese firms from 2008 to 2010 to ascertain the relationship between the CEO’s span of control and investment in ICT. We find that the ratio of software over total assets is positively associated with the CEO’s span of control. This result is consistent with the theoretical prediction by Garicano (2000). In addition, R&D intensity is negatively associated with the CEO’s span of control
URI: http://hdl.handle.net/10129/6004
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:2号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください