DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
30 医学部・医学研究科・保健学研究科 >
30b 弘前医学 = Hirosaki Medical Journal >
67巻1号 >

このアイテムは、前月 24 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5921

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
HirosakiMedJ_67(1)_61.pdf527.61 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 放射線治療独立検証装置へのレイトレーシング法の導入と計算精度評価
著者: 中野渡, 優志
奈良, 鉄造
真里谷, 靖
著者所属: 弘前大学大学院保健学研究科 生体情報科学領域 生
一般財団法人 医療と育成のための研究所 清明会 弘前中央病院放射線科
弘前大学大学院保健学研究科保健学専攻 医療生命科学領域 放射線生命科学分野
発行日: 29-Jul-2016
出版者: 弘前大学大学院医学研究科・弘前医学会
誌名: 弘前医学
巻: 67
号: 1
開始ページ: 61
終了ページ: 68
ISSN: 0439-1721
キーワード: 独立検証
レイトレーシング法
クラークソン法
不整形照射野
抄録: 近年の放射線治療計画における簡便な検証方法の一つとして,ソフトウェアを用いた独立検証装置が開発されて きた.従来の標準的手法として用いられるクラークソン法は複雑な照射野形状に対応しきれているとはいえないため, 新たにレイトレーシング法を導入することで高精度の独立検証装置開発を試みた.照射野面積計算にレイトレーシング 法を導入した独立検証ソフトウェアを新規に開発した.照射野の大きさおよび形状によってグループ分けした複数の照 射野群について,照射野面積およびMU 値の精度を,電離箱線量計を用いた実測データとの対比を含めて検討した.  レイトレーシング法による照射野面積の算出精度はクラークソン法による結果と比較して有意に優れていた.MU 値 は照射野形状によっては一部実測データと一致しなかった.その改善にはコリメータからの透過線量や被照射体の不均質補正を演算するプロセス追加が大きな役割を果たすと思われる.
URI: http://hdl.handle.net/10129/5921
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:67巻1号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください