DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
60 大学院地域社会研究科 >
60b 弘前大学大学院地域社会研究科年報 >
12号 >

このアイテムは、前月 28 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5908

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
RegionalStudies_12_57.pdf296.98 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 中高年化したニートを支える親の心配事 - 高齢者ケアに携わる専門職への実態調査 -
その他のタイトル: Concern of Parent Who Support a Middle-Aged and Older NEET : The Actual Situation through Survey on Geriatric Care Experts
著者: 福岡, 裕美子
駒井, 裕子
林, 成蔚
著者所属: 常葉大学健康科学部看護学科
常葉大学健康科学部看護学科
常葉大学法学部法律学科
発行日: 18-Mar-2016
出版者: 弘前大学大学院地域社会研究科
誌名: 弘前大学大学院地域社会研究科年報
巻: 12
開始ページ: 57
終了ページ: 63
ISSN: 1349-8282
キーワード: 中高年ニート
高齢の親
社会との接点
抄録: 社会的なつながりがほとんどない中高年化したニートを支える高齢の親の心配事を高齢者ケアに携 わる専門職への実態調査から把握することを目的とした。S市社会福祉協議会が運営する介護保険 サービス事業所で働くケアワーカーを対象にアンケート調査を実施した。調査期間は平成27年1月 末から2月末。調査対象者数は146名。アンケート調査の内容は、①65歳以上の親(両親あるいは父 親あるいは母親)と中高年化したニートが同居しているケースの担当の有無、②担当ケース数、③担 当ケースの概要(自由記載)、④65歳以上の親の心配事(自由記載)の自記式質問紙にて実施した。 倫理的配慮は、ケアワーカーが所属する事業所長への同意を得て、各ケアワーカーへのアンケート調 査は回収をもって同意とみなした。倫理申請はT 大学研究倫理審査の承認を得た。 アンケート調査の結果は、ここ1年で中高年化したニートがいるお宅を担当したことがあるケア ワーカーは32名(43.8%)だった。担当ケースの概要が記載されていたのは23件だった。自由記載 の内容は意味内容を変えずに1文節化してコード化し類似性のあるものにまとめた。その結果、親の 心配事の内容は【親の年金に依存した生活】【ニートの病気の心配】【心理的負担感】【親の死後の生活 の心配】【親戚への負い目】【親の過剰な保護】【助けてもらえる存在】【日常生活の不自由さ】というカ テゴリに分類された。ケース概要の中にはニートから受けた相談の内容も含まれていた。内容は【親 の介護の負担】【生活費の工面】というカテゴリに分類された。親以外の家族からの相談内容は【妹 の行く末の心配】というカテゴリに分類された。 ニートを支える高齢の親の心配事を把握することができた。また、親の心配事に関する調査であっ たが、ニート本人から受けた相談の内容も含まれていた。その内容から、親の介護のために離職し、そのまま社会との接点を失ってしまったケースがほとんどであると推察された。
URI: http://hdl.handle.net/10129/5908
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:12号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください