DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
60 大学院地域社会研究科 >
60b 弘前大学大学院地域社会研究科年報 >
12号 >

このアイテムは、前月 26 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5906

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
RegionalStudies_12_27.pdf411.31 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: C.ダーウィン1831年8月の地質調査(補遺)
その他のタイトル: Supplement Note about Geo-Historical Background of C. Darwin’s Geological Survey led by A. Sedgwick in August 1831 in North Wales
著者: 鎌田, 耕太郎
著者所属: 弘前大学教育学部 / 弘前大学大学院地域社会研究科
発行日: 18-Mar-2016
出版者: 弘前大学大学院地域社会研究科
誌名: 弘前大学大学院地域社会研究科年報
巻: 12
開始ページ: 27
終了ページ: 33
ISSN: 1349-8282
キーワード: C. ダーウィン
地質調査
夾炭層
下部古生界
ウェールズ
地質学史
抄録: C. Darwin は1831年8月上旬にA. Sedgwickの指導のもと、ウェールズ北部において地質調査を行っ た。この調査は、ダーウィンにとっては将来のカナリア諸島調査のための技術習得で、セジウィック にとっては夾炭層以下の地質系統を解明し、下部古生界の年代層序の確立をめざす画期的な事業の始 まりであり、異なる事情が遭遇した出来事であった。このような時代背景は自伝にはそれとわかるよ うに記述されてはいない。ダーウィン自伝やビーグル号航海記の記述には必要な時代背景の説明を欠 く傾向があり、時系列的にみると記述の不備も認められる。その例として、ここではフォークランド諸 島産の化石について検討した。航海記でシルル系産とみなされた標本は、実際にはデボン系産の腕足 類であり、発見時に産出層準の年代には言及できなかったことをフィールドノートの記述や文献から明らかにした。
URI: http://hdl.handle.net/10129/5906
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:12号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください