DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
10 人文学部・人文社会科学研究科 >
10b-02 人文社会論叢. 社会科学篇 >
35号 >

このアイテムは、前月 14 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5791

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
JinbunShakaiRonso_S35_1.pdf2.91 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 国際航空旅客動態調査を利用した国際航空旅客市場特性の検討と課題
その他のタイトル: An empirical study on the characteristic of international aviation markets
著者: 大橋, 忠宏
著者所属: 弘前大学人文学部
発行日: 29-Feb-2016
出版者: 弘前大学人文学部
誌名: 人文社会論叢. 社会科学篇
号: 35
開始ページ: 1
終了ページ: 12
ISSN: 1345-0255
キーワード: 航空旅客動態調査
航空旅客市場
輸送密度の経済性
抄録: 本研究では、国土交通省による航空旅客動態調査を利用して、日本発着ODに関する国際航空市場を対象に、個々の空港や路線の特徴を考慮しうる枠組みの下で、当該市場特性を応用計量経済学的手法により検討した。推定の結果、係数の一部で符号条件に課題のあるものの、輸送密度の経済性については統計的に有意な結果が得られた。この結果は、ICAOのOFODを利用して日本発着ODに関する国際航空市場特性を検討した大橋(2014)とは異なるものである。統計的な検定結果等については本稿の方が良好であるが、大橋(2014)と同様に利用データや空港選択行動の考慮等の課題も指摘される。
URI: http://hdl.handle.net/10129/5791
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:35号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください