DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
114号 >

このアイテムは、前月 21 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5775

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_114_87.pdf1.55 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 中学校家庭科教員免許状保有教員と臨時免許状教員に指導された生徒の家庭科観
その他のタイトル: Junior High School Students’ Perspective on Home Economics Education:A Comparison between the students taught by a teacher with the educational personnel certificate of Home Economics Education(EPCH)and the students taught by a teacher without EPCH
著者: 日景, 弥生
青木, 香保里
志村, 結美
著者所属: 弘前大学教育学部家政教育講座
愛知教育大学教育学部家政教育講座
山梨大学大学院教育人間科学域教育学系
発行日: 9-Oct-2015
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
号: 114
開始ページ: 87
終了ページ: 95
ISSN: 0439-1713
キーワード: 家庭科教員免許
中学生
家庭科観
抄録: 中学校において家庭科を指導する教員は、臨時免許状教員が多い。そこで、本研究では臨免教員の指導は学習者にどのような影響を与えているのかを検討するために、保有教員と臨免教員に指導されている学習者を対象に学習効果や家庭科観などについて調査し、両校の生徒の実態を明らかにすることを目的とした。その結果、保有教員指導校の生徒の知識や技術は、臨時免許状教員指導校の生徒よりも優位に高率だった。ま た、臨時免許状教員指導校の生徒は、家庭科は知識や技能を習得する教科であると捉えているが、保有教員指導校の生徒は課題解決や意思決定の力を身に付ける教科と捉えていることがわかった。この相違には、指導者の家庭科教員免許状の有無が関連すると推察される。生徒の学習を保障するためには、臨時免許状教員に対するサポート体制の整備等や教員免許制度そのものの改善が必要と考える。
URI: http://hdl.handle.net/10129/5775
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:114号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください