DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
114号 >

このアイテムは、前月 44 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5773

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_114_75.pdf2.19 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 中学校技術科材料加工学習における生活応用力の形成を支援する学習指導法の試行的実践
その他のタイトル: A Practical Examination of learning method to build the Applying Abilities for Daily Life in“ Learning of material processing”
著者: 上之園, 哲也
中原, 久志
森山, 潤
著者所属: 弘前大学教育学部技術教育講座
大分大学教育福祉科学部
兵庫教育大学大学院
発行日: 9-Oct-2015
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
号: 114
開始ページ: 75
終了ページ: 85
ISSN: 0439-1713
キーワード: 中学校技術科
材料加工学習
題材設定
生活応用力
抄録: 本研究の目的は,中学校技術・家庭科技術分野(以下,技術科)において,生活応用力の形成を支援する学習指導方法を構想し,試行的実践を通してその効果を検証することである。筆者らの先行研究に基づき,内容A「材料と加工に関する技術」の学習において,「共通課題-プロダクト重視型」の導入題材,生活との関わりを意識させる中間題材、「個別課題-プロセス重視型」の主題材という多段階の題材設定を指導仮説として導入した。中学1年生184名を対象とした実践の結果,生活応用力の内,「技術活用力」因子は実践全体を通して段階的に有意な向上を 示す学習効果が認められた。また,「技術評価・判断力」因子は,導入・中間題材間において一旦水準が減衰した後,中間・主題材間で回復するV字型の推移傾向を示した。これらのことから,本実践において導入した指導仮説には,生活応用力を高める一定の効果のあることが検証された。
URI: http://hdl.handle.net/10129/5773
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:114号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください