DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
114号 >

このアイテムは、前月 81 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5772

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_114_59.pdf1.61 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: イタリア近代歌曲の興隆、その知られざる諸相から : 詩、ワグネリズモ、ピアニスト(前篇)
その他のタイトル: La prosperità della canzone italiana nell′epoca moderna: Dagli aspetti inesplorati: poesia, wagnerismo, e pianista
著者: 朝山, 奈津子
森田, 学
山田, 高誌
著者所属: 弘前大学教育学部音楽教育講座
国立音楽大学
熊本大学教育学部音楽教育講座
発行日: 9-Oct-2015
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
号: 114
開始ページ: 59
終了ページ: 73
ISSN: 0439-1713
キーワード: 芸術歌曲
20世紀イタリア
リーリカ
抄録: 20世紀初頭にイタリアで興隆したピアノ伴奏付独唱歌曲は従来、事典項目や音楽通史においていささか表面的に「ドイツ・リートの影響下で」確立したジャンルとされてきた。しかしその影響関係は、実際の響きや音楽形式からも、このジャンルに取り組んだ作曲家たちや詩人たちの創作活動からも、けっして自明ではない。そこで本論文は、両者の関係性を問い直した上で、このジャンルに対するドイツの影響を指摘しようと試みる。
URI: http://hdl.handle.net/10129/5772
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:114号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください