DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
111号 >

このアイテムは、前月 6 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5728

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_111_121.pdf1.4 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 幼稚園の実習生は何を手掛かりに保育を構想するのか : ぶどうに目をつけた製作場面に関するインタビューから
その他のタイトル: How the Student Teacher in Kindergarten Construct Educational Practice : By Interview Surveys of Practice on“ Eyes Putting Grape” Production
著者: 武内, 裕明
著者所属: 弘前大学教育学部学校教育講座
発行日: 27-Mar-2014
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
号: 111
開始ページ: 121
終了ページ: 128
ISSN: 0439-1713
キーワード: 幼稚園教育実習生
意欲の喚起
かわいさとかっこよさ
キャラクター性
抄録: 幼稚園の保育には,指導計画に表れた内容以外の目的が含まれているのではないかという仮定の下,幼稚園教育実習生が実施したぶどうに目をつけた製作についてインタビュー調査を行った。実習生たちは園全体の生活の連続性や幼児の経験の多様性に配慮しつつ,全員に参加を強いる一斉活動を楽しく意欲的なものと思えることに配慮して保育を構想していた。実習生たちは遊び=学習という公的な教育観とは別に,遊びだけでは教育にならないという認識もしており,個々の活動の目標よりも集団で合わせるという目的を直接追求していた。集団の枠にはめることを求める意識と,自発的な活動としての遊びを学習と考える教育観の揺らぎのなかで,一斉活動に楽しさや自由,個性などを重視し,製作物にかわいさやかっこよさなどをもたらすキャラクター性を付け足すことで意欲を喚起しようとする意識を背景として,ぶどうに目をつけることが自明視されていた。
URI: http://hdl.handle.net/10129/5728
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:111号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください