DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20e 修士論文(大学院教育学研究科) >
2014年度 >

このアイテムは、前月 22 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/5692

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
mt_619_Maeda.pdf2.09 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 受刑者の人権と更生を視野に入れた法教育の意義 : 社会科・公民科における模擬刑事裁判の活用の在り方
著者: 前田, 歩
著者所属: 弘前大学大学院教育学研究科
発行日: 24-Mar-2015
開始ページ: 1
終了ページ: 49
キーワード: 法教育
裁判員制度
模擬裁判
更生保護
受刑者
授業実践
内容記述: 授与大学:弘前大学; 学位種類:修士(教育学); 授与年月日:平成27年3月24日; 学位記番号:修第619号
URI: http://hdl.handle.net/10129/5692
テキストバージョン: author
出現コレクション:2014年度

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください