DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
71 21世紀教育センター >
71b 21世紀教育フォーラム = 21 seiki kyouiku forum >
1号(創刊号) >

このアイテムは、前月 15 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/4678

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
21SeikiForum_1_35.pdf24.4 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 「2006年問題」に関する一考察
その他のタイトル: A Study of "Year of 2006 Educational Issues"
著者: 長南, 幸安
著者所属: 弘前大学教育学部
Department of Natural Science, Faculty of Education, Hirosaki University
発行日: 31-Mar-2006
出版者: 弘前大学21世紀教育センター
誌名: 21世紀教育フォーラム
巻: 1
開始ページ: 35
終了ページ: 39
キーワード: 2006年問題
新学習指導要領
ゆとり教育
確かな学力
総合的学習に時間
生きる力
理科教育
理科離れ
学力低下
抄録: 平成18年4月に新学習指導要領で学んだ高校生が大学へ入学してくる。このことは「2006年問題」と呼ばれている。この問題を、現行で実施されている学習指導要領が改訂に至った目的の理想と現実を対比させることで、いわゆる「ゆとり教育」の問題点を明らかにし、「理科教育」という視点から考察を加えた。理科教育においては、週五日制度や総合的な学習の時間の導入による授業時間数の削減に伴い、学習内容の削減と先送りが大きな問題である。この結果、国際調査などから当初の目的は達成されておらず、むしろ学力低下を引き起こしており、この学力低下は単に知識量の低下ではなく、表現力の低下、思考の放棄、学習意欲の喪失といった要因になっている。このような学生の入学に対し、教養教育を含めた大学教育の改革は早急に行われる必要がある。
URI: http://hdl.handle.net/10129/4678
テキストバージョン: publisher
出現コレクション: 1号(創刊号)

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください