DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20a 学術雑誌論文 >
1. 学術雑誌論文 >

このアイテムは、前月 9 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/3529

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ChirigakuHyoron_54(9)_513.pdf1.8 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 17世紀の城下町仙台における侍の居住パターン
その他のタイトル: The Residential Pattern of Samurai in the Castle Town Sendai in the 17th Century
著者: 後藤, 雄二
著者所属: 東北大学大学院
発行日: 1-Sep-1981
出版者: 日本地理学会
誌名: 地理学評論
巻: 54
号: 9
開始ページ: 513
終了ページ: 529
ISSN: 0016-7444
抄録: 近世城下町における持の君住パターンの性絡を,域下の拡大がみられた17畿記の組合を例として,議奇襲爵 に分許した,その結果. (1)案文期iこおける仙台域下の待の患桟パターンは,静態的にみれば,城を中心と する半持品問状おパターンをと夫氏すが,各地区の拡大の時議およが湾岸段1乏による暗藤的住み分けもみられる, (2)城下の拡大ぬ霊室数の増加を露関として,曹により計閥的・不連続的に行なわれたので,鉱大の霊能 には,特に小身侍において,かなり艶敷数が不足していた. (3)城下建設時に,持の謄往パターンと待墨敷 の粧譲はー致していたと恩われるが,その後,侍の藍聾・間援の善重告が行なわれ,待の題住パタ…ンは変化 した. (4)城下絵醤の比較により,城下の拡大期と非拡大鰐とが区京されるが,時期による移動率・移動パ ターンに麓興がみられた, (5)城に近い111内地誌は,役聴の上昇に捧い,譲高むよ昇または不変のままで較 入し,無投となり転出する堤富であり,城下全体の語住パターンに影響を与える秘心地区の役割を有するこ と,などが靖らかとなった。
内容記述: 本文の後に訂正文(「地理学評論.55(2),1982,p.146所収」)を追加
URI: http://hdl.handle.net/10129/3529
著作権等: 本文データは日本地理学会の許諾に基づき複製し,掲載したものである。
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:1. 学術雑誌論文

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください