DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-01 弘前大学教育学部紀要 >
102号 >

このアイテムは、前月 8 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/3375

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
BFEduHirosaki_102_39.pdf1.94 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 15世紀のメディチ家邸内における絵画 : 「祈念図像」から「美術品」へ
その他のタイトル: Painting in the Palace of Medici in the 15th century : from the“ devotional image” to the“ work of Art”
著者: 出, 佳奈子
著者所属: 弘前大学教育学部美術教育講座
発行日: 30-Oct-2009
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要
号: 102
開始ページ: 39
終了ページ: 48
ISSN: 0439-1713
キーワード: 絵画
メディチ家
15世紀
祈念図像
美術品
コレクション
抄録: この論文は、15世紀に作成された四つのメディチ家の財産目録をもとに、この世紀を通じてフィレンツェ貴族の個人邸宅における美術作品の性質が、宗教的慣習に結びついた「祈念図像(devotional image)」から、展示や鑑賞の対象として意図された「美術品」へと移行していった可能性を検討しようとするものである。これらの財産目録における絵画作品についての記載方法、また、判別可能な場合にはそれらの部屋毎の配置の確認を通じて注目されるのは、15世紀の間に、メディチ家において所蔵されていた絵画作品の形態と主題が、典型的な宗教図像から多種多様なものに変化している点、またそれら多種多様な美術品が、各部屋にいわば混合された状態で配置されるよう になっていった点である。ここでは、絵画作品を中心に、それらが15世紀を通じて、鑑賞・展示の対象としての役割を増大させていったと考えられることを指摘していく。
URI: http://hdl.handle.net/10129/3375
テキストバージョン: publisher
出現コレクション:102号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください