DSpace
English 
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >
20 教育学部・教育学研究科 >
20b-03 弘前大学教育学部紀要. B >
32号 >

このアイテムは、前月 15 件の閲覧がありました。

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10129/266

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00211637_32_131.pdf319.12 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 弘前市周辺中学校技術科木材加工実習の時期についての検討
その他のタイトル: The Best Period of The Year for Woodwork Parctice Classes at Junior High Schools with no Installation to Remove Dust.
著者: 佐藤, 武司
サトウ, タケジ
Sato, Takeji
著者所属: 弘前大学教育学部技術科教室
発行日: 15-Nov-1974
出版者: 弘前大学教育学部
誌名: 弘前大学教育学部紀要. B
号: 32
開始ページ: 131
終了ページ: 138
抄録: Junior high schools in Hirosaki City have no installation to control dust. Without ventilation, the Concentration of the fine dust created by student activities are 2 to 7 mg/m^3 in the shop, and these dust conditions can be extremely unhealthy and hazardous. When the windows are kept open, the natural air currents help dilute the fine dust concentrations rapidly. The suitable room temperature for the shop activities is between 20℃ and 26℃, and so, the best period of the year for woodworking is between May and October.
URI: http://hdl.handle.net/10129/266
テキストバージョン: 
出現コレクション:32号

csv refer

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください