DSpace
 

Hirosaki University Repository for Academic Resources >

利用統計


高頻度利用アイテム: [ 今月 ] 今年 ] 去年 ] 全期間 ]
統計サマリー: 期間別 ] 国別 ]    

高頻度利用アイテム:  今月

順位 資料名 ダウンロード
1 A Study of the Style of Charles Lamb's “Essays of Elia” 284
2 不登校研究のこれまでの展開と心理学における展望 281
3 小学校理科4学年「水の沸騰の実験」と「水が氷になる実験」を成功させるには 266
4 監査役監査は内部監査か外部監査か 239
5 酵母の簡便な培養法と教材化の検討 233
6 英語リスニング能力を高める方法 : 発音記号と音読 199

健常者における足アーチ高の標準値の確立に関する研究 199
8 大学生における完全主義の2側面に関する検討 187
9 自閉症スペクトラム障害における「DN-CAS認知評価システム」と「WISC-Ⅳ知能検査」のプロフィール特性及び相関に関する研究 178
10 バナナの追熟および加熱調理による糖組成の変化 174

ナマコ輸出拡大に伴うナマコ産地・加工業者の対応と課題 : 青森県陸奥湾を中心として 174
12 青年期における内的作業モデルの変化について 156
13 過失不作為犯における「注意義務」 149
14 脳卒中片麻痺者の歩行自立判定に関する研究 148
15 立位保持能力が低い脳卒中片麻痺者の排泄動作支援に関する研究 146
16 含羞(はぢらひ) : 在りし日の歌 : 中原中也 (作品別 現代詩を読むための研究事典 : 詩はどのように読まれてきたか) 145
17 子どもの居場所づくりに関する政策の現状と効果、課題 127

日本マンガと自己形成 : 読者の自己恋愛物語をめぐって 127
19 バナナの澱粉 125
20 芥川龍之介「蜘蛛の糸」を読む 123
21 教養教育英語科目におけるポートフォリオの活用:ヨーロッパ言語ポートフォリオの応用可能性 122
22 アクティブ・ラーナーを育てる能動的学修の推進におけるPBL教育の意義と導入の工夫 120
23 過労自殺のプロセスに関する分析枠組みの提示 : ストレス研究との関係から 116
24 運動負荷のバイオメカニクス的考察 : スクワット運動における運動様式の違いと負荷の関係 115

GABAA 受容体応答の制御機構 115
26 大学生の防災教育経験と東日本大震災後の防災意識の変化について 113
27 フタロシアニンの教材化の研究 112

食に関する指導への養護教諭の関わり 112
29 時計反応を用いた還元剤の定量測定方法の開発 109

味覚表現の「おいしい」と「うまい」 ―ビールの広告用語からの検討― 109

障害者基本法の改正と発達障害 : 「障害者」の定義をめぐって 109
32 茶葉飲料のポリフェノールレベルとフリーラジカル捕捉機能,ならびにプロシアニジン類の抗酸化機能の検証 108
33 居場所がある/ないという意識に関する基礎的研究 ―性差・時期差,精神的健康・心理的居場所感との関連,時間的安定性― 107
34 小学校理科6年「電気の利用」の中の手回し発電機とコンデンサーを用いた実験について 105
35 生食野菜類のアミラーゼ活性 102
36 縄文時代石皿・台石類、磨石・敲石類の検討 : 出土状況から見た上石・下石の組み合わせ 100
37 内発的動機づけに及ぼす報酬の効果 97
38 気晴らしに関する臨床心理学的研究 96
39 J. イベール『アルト・サクソフォーンと11の楽器のための室内小協奏曲』における奏法について 94
40 一般住民における睡眠障害と生活習慣の関連について 93
41 ピアノ演奏に関する考察 : ショパン作曲『ピアノ・ソナタ 第三番 ロ短調 op.58』へのアプローチ 89
42 租税過誤納金返還問題における民事責任論 : 不当利得ないし国家賠償の成否を中心に 87
43 大学生の健康意識と生活習慣に関わる心理学的要因について : ストレスの情動反応と対処行動,主観的健康統制感からの検討 86

漢字書字課題で示される誤字特徴の信頼性についての検討 86
45 児童の視覚的記憶と聴覚的記憶の発達に関する研究 83
46 太宰治『人間失格』における「幸福」 82
47 高齢者介護と児童保育の組合せ - 老年と子供との精神的絆の視点から - 81

地方社会における一次産品を中心とした地域ブランドの形成手法に関する研究 : 地場産業の活性化を視野に入れた地域ブランドの価値と形成手法の考察を中心に 81
49 ジョルジョ・モランディの静物画に関する一考察 : モチーフの反復による画面構成 80

1章 公益事業のステータスと範囲 80

 

Valid XHTML 1.0! Web of Science®, Thomson Scientific   DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください